Boote Polch

次のロックが見えてきた。迷わず小型船専用ロックに向かう。

379
【先客はゴムボートの家族連れだった】

380
【対向して出てきたのはカナディアンカヌー】

381
【ゴムボートのお父さんが私たちの写真を撮ってくれた】

382
【注水の最盛期にはこの激しい水流】




383
【満水になって再び静謐な世界がくる】

384
【そしてまた新しい旅が続く】

今日の泊地はトラーベン・トラーバッハの街のボーテ・ポルシェというマリーナだ。ここは立地も設備もサービスも完璧だ。私たちの大のお気に入りとなった。

385

386

私たちが留めたのはクラブハウスのすぐ隣だった。クラブハウスと言っても浮き桟橋に建てられた小さな小屋だ。しかしここが夕方になるとお洒落なバーに変わり、ボートを模したカウンターに入るのはここの女性支配人(ハーフェン・マイスタリン)なのである。

386-2
【Boote Polchの紹介ビデオより画像拝借】

私たちも美味しいモーゼルワインをいただく。値段はびっくりするほど安い。ボトルの販売もしている。迷わず数本買い込んだ。

387-2
【Mさんが私を撮るふりをして美女をねらう】

極楽の旅はまだまだ続く。

≪次へ≫





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HappyHoliday2020

Author:HappyHoliday2020
博多湾の風を感じてください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード