ライン川を上る

さあ、いよいよライン川遡上だ。エンジンの状態を入念に点検し、デュイスブルグのマリーナを出航した。

202

ライン川の本流に乗り出すとやはり流れが強い。ライン川のたくましさを肌身に感じる。
エンジンの出力を上げ、対水速力を6ノットぐらいにする。エンジンのうなりが大きい。GPSが示す対地速力は2ノット前後だ。

VPS

ライン川にはこれまで進んできた川や運河とは比較にならないほど多くの船舶が航行している。前日に立てた作戦のとおり、私たちは岸に寄って進む。


203

207

この日は約5時間をかけて20キロメートル上流地点に到着した。
泊地では再びエンジンをチェックし、ファンベルトを張り直し、燃料消費を計測して異常のないことを確認した。


205

206
【この日の泊地は静かな入り江】

やれやれ、どうにかライン川を遡ることはできたが、エンジンの音はうるさいは、速度は遅いは、行き交う船が多くて神経は使うはで、いつもの何倍も疲れを感じた。
もう遡上はやめてラインを下りましょうよと言いたかったが、Mさんは時間はかかったがライン川を上れることがわかったのだから、明日からも上流を目指すとおっしゃる。

・・・たしかに。
上れたことは事実だ。
後ろ向きの姿勢だったことを反省し、前に進むしかないと気持ちを入れ替える。

それにしても耳栓がほしいな。


≪次へ≫
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HappyHoliday2020

Author:HappyHoliday2020
博多湾の風を感じてください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード