憲法主義

kenpou
【憲法主義 内山奈月(AKB48)/南野森(九大教授) PHP研究所】

予想をはるかに超える収穫。
国の根幹たる憲法について、憲法学者からAKB48のメンバーが講義を受けるという形式で書かれているわけだが、じつにわかりやすく、すっと理解できる。目からうろこが満載だ。

この本が成功を収めたのは南野教授の講義の進め方が適切だったこともあるだろうが、内山奈月がまれにみる優秀な生徒であったことが最大の要因だろう。読む前にAKB48というだけで値踏みしたことを恥ずかしく、また申し訳なく思う。

安倍晋三は昨年7月1日に集団的自衛権の行使容認について憲法解釈の変更を閣議決定した。本書では、憲法そのものの変更ではなく、解釈の変更により憲法の規定を無力化することの危うさを警告していたが、その危惧が現実になったのだ。
私自身、その時点では問題意識を持っていなかった。本書を読み終えた今はそれが暴挙だとしっかり理解できる。

憲法は、すべての国民が正しく理解すべきものだと強く思った。
良書である。広く読まれることを望む。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

本年もよろしくお願いします!

憲法学習は、大切ですね~法学部の学生時代に前文を暗記しました。般若心経も円覚寺の座禅合宿で暗記しました。この二つは、暗記するだけの価値があります。案外共通するところが見つかるかも、笑い~2015年は、憲法の原点に戻るべき年になりそうです。

HummingbirdVさま

法学部出身でしたか、それではこの方面は詳しいはずですね。
私は技術者なので専門分野の法律しか知りませんが、あれはどう考えても日本語になってない。
その点憲法のほうがずっとわかりやすい気がします。

もし改正することになっても平易な文章にしてほしいですね。
プロフィール

HappyHoliday2020

Author:HappyHoliday2020
博多湾の風を感じてください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード