今年の5冊(続き)

今年の5冊の続き。

ジヴェルニーの食卓 canvas
【『ジヴェルニーの食卓/楽園のカンヴァス』原田マハ著 新潮社】

原田マハ作品を2冊選んだ。
原田マハは私の好きな作家の筆頭である。作品にはずれがない。ほかにも推薦したいものがあるが、やはり残るのは彼女の得意分野をテーマにしたこの2冊になる。



下町ロケット
【『下町ロケット』池井戸潤著 小学館】

分野は異なるが、エンジニアとして生きてきた自分をどうしても重ねて読んでしまう。技術にすべてをかける男たちのドラマが熱く胸を打つ。
「佃品質、佃プライド。」
そうだ、技術屋はけっしてプライドを捨ててはいけないのだ。



天翔る
【『天翔る』村山由佳著 講談社】

エンデュランスという聞きなれない耐久乗馬レースに取り組む少女とその仲間を描いた小説で、知人の勧めで読了。読後感はさわやか。
村山由佳は私のジャンルでないので、私にしては思い切った選定をしてみた。少し著者の評価が変わり印象に残った。


来年もいい本に出会いたい。
スポンサーサイト
プロフィール

HappyHoliday2020

Author:HappyHoliday2020
博多湾の風を感じてください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード