林杯レース

今年も恒例の林杯ヨットレースが行われた。
今回で実に59回目の開催だ。
このヨットレースは、高校生の乗るディンギーが回航途中に嵐に会い遭難した事故をきっかけに始まった。
レース開催の趣旨は「海の安全を再確認すること」である。
毎年参加している常連組にとっては毎回毎回聞かされる話で、耳にタコができている。

しかし、高校生は毎年入れ替わる。新人は毎年入ってくる。
今年の開会式で大会役員の方が「林杯レースの趣旨を知らないひとはいますか?」と尋ねた。
十数名が手を挙げた。
なるほど、と思った。
くどいようでも、毎年毎年同じ話を繰り返さなければならないわけがあるのだ。

事故は忘れたころにやってくる。
現実に、今年悲しい事故が発生した。
一年に一度くらい、海の安全を見つめなおす日があっていい。

だから、林杯はこれからもず~っと続いてほしいし、繰り返し繰り返し事故の教訓を語り続けてほしいと思った。

海の事故はぜったいに嫌だから。


2-1
【開会式 ディンギー69艇、クルーザー9艇の参加】

jd
【ハツセブイを折り返したJD】

3-1
【表彰式 ディンギークラスの優勝者に林杯が手渡される】

来年の林杯は第60回となり、節目の大会となる。
これから1年間安全にヨットを楽しみ、そして来年もまた林杯に参加しよう。

resilt




スポンサーサイト
プロフィール

HappyHoliday2020

Author:HappyHoliday2020
博多湾の風を感じてください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード