アフターファイブ・セーリングのすすめ

日の長い季節である。

福岡では、これから2か月ぐらいは日暮れの時刻が8時ぐらいになる。

日暮れというのは昼と夜の境目のことで、日没という意味ではない。正確に言うと、太陽の中心高度がマイナス7度21分40秒になる時刻のことで、実感としては昼間の明るさが終わり夜のとばりがおりはじめるころである。

講釈はさておき、いまの季節、天気さえよければ仕事を終えたあとセーリングを楽しむことができるのではないか。

終業のチャイムと同時に退社し、小戸ヨットハーバーに駆けつける。素早く艤装を済ませて出港すれば、北欧並みとはいわないが、近場のセーリングぐらいなら十分楽しめるような気がする。
もちろん、お気に入りの酒と肴を携えて。

ワイシャツ姿でティラーを持つのも、もしかしたらすごくかっこいいかもしれないし。

小戸ヨットハーバーはそれが十分可能な立地にある。それを活かさぬ手はない。

梅雨に入ったらおしまいだ。その前に一度試してみよう。


sunset
【フミオさんのFB投稿写真より無断借用】
スポンサーサイト
プロフィール

HappyHoliday2020

Author:HappyHoliday2020
博多湾の風を感じてください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード